育毛ケアにおいて欠かせない成分といわれるアミノ酸。

なぜ、育毛ケアにおいてアミノ酸は欠かせない成分といわれるのでしょうか?

そこで、育毛ケアとアミノ酸の関係を調べてみました。

アミノ酸と育毛ケアの関係

アミノ酸は、筋肉・皮膚・髪の毛など、身体のいろいろな組織を構成している成分になります。

アミノ酸にはいろいろな種類がありますが、髪の毛に一番必要なアミノ酸はシスチン。

シスチンが髪の毛に一番必要なアミノ酸といわれる理由は、シスチンは髪の毛の主要成分だからなのですね。

ですので、育毛ケアではシスチンを食べ物から補給することがとても大切といえます。

ちなみに、シスチンは鶏肉・青魚・大豆に多く含まれているそうです。

シスチン以外のアミノ酸

育毛ケアでは、髪の毛の主成分であるシスチンがとても大切なアミノ酸であることが分かりました。

しかし、シスチン以外にも育毛ケアに大切なアミノ酸はまだあります。

では、どのアミノ酸が育毛ケアに必要なアミノ酸かというと、少し難しい問題になります。

本来、アミノ酸には身体の組織を作る働きであったり、身体の健康を守る働きがあります。

ですので、アミノ酸が不足すると頭皮の血行も悪くなり、また頭皮の元気もなくなり、健康な髪の毛が生えにくくなるということが考えられるのですね。

以上のことから、シスチン以外のアミノ酸も、育毛ケアではとても大切な成分といえるのです。

アミノ酸は500種類以上あるといわれていますが、人の身体に必要なアミノ酸は20種類といわれています。

人の身体に必要な20種類のアミノ酸のうち、11種類は身体の中で作られるそうです。

そして、残りの9種類は身体の中で作ることができないアミノ酸なのだそうです。

ですので、まずは身体の中で作ることができない9種類のアミノ酸を食べ物から摂取することによって、効果的な育毛ケアが行なえるようになるのですね。

ちなみに、身体の中で作ることができない9種類のアミノ酸のことを「必須アミノ酸」といいます。

必須アミノ酸

バリン・ロイシン・イソロイシン
ヒスチジン・リジン・スレオニン
トリプトファン・メチオニン
フェリルアラニン

アミノ酸は食事から摂取するのが基本ですが、育毛剤から頭皮に補給することも有効であると考えられているそうです。

まとめ

育毛ケアとアミノ酸の関係を調べてきました。

髪の毛の主要成分はアミノ酸のシスチンであることが分かりました。

そして、シスチン以外の身体で作ることができない9種類のアミノ酸(必須アミノ酸)も、頭皮環境を整えるために必要なアミノ酸であることが分かりました。

女性育毛剤には、アミノ酸が配合されている製品もあります。

育毛剤選びで迷われたときには、アミノ酸が配合されている育毛剤をお選びになられてみてはいかがでしょうか?