女性育毛剤の成分を知らべてみると、「酢酸DL-α-トコフェロール」という有効成分が配合されていることがあります。

酢酸DL-α-トコフェロールとは、いったいどのような成分なのでしょうか?

そこで、酢酸DL-α-トコフェロールの効果や特徴を調べてみました。

酢酸DL-α-トコフェロールとは

酢酸DL-α-トコフェロールの特徴を調べてみると、酢酸DL-α-トコフェロールは、女性育毛剤だけでなく化粧品にも配合される成分であることが分かりました。

酢酸DL-α-トコフェロールとは

  • 酢酸DL-α-トコフェロールはビタミンE誘導体の一種で、血行を促進する効果や抗酸化作用がある成分

酢酸DL-α-トコフェロールは、ビタミンE誘導体の一種だったのですね。

ビタミンE誘導体とは、ビタミンEの特長を保ったまま人体に対する作用を高めたビタミンEの一つのこと。

それでは、酢酸DL-α-トコフェロールの2つの効果が育毛ケアにどのように良いのかを見て行きましょう。

酢酸DL-α-トコフェロールの効果

  • 血行促進作用
  • 抗酸化作用

酢酸DL-α-トコフェロールの育毛効果① 血行促進作用

女性の薄毛は男性の薄毛と違い、ストレスやホルモンバランスの変化によって頭皮環境が悪くなることにより起きるとされています。

ですので、「女性の育毛ケアで大事なことは頭皮環境を整えること」だといわれているのですね。

では、どのようにすれば頭皮環境を整えることができるのでしょうか?

その方法の一つが、頭皮に必要な栄養素を頭皮にしっかりと送り届けることといえます。

頭皮に必要な栄養素は血液が運んでいますので、頭皮環境を整えるためには頭皮の血行を良くする必要があります。

このときに活躍するのがビタミンE誘導体の酢酸DL-α-トコフェロール。

酢酸DL-α-トコフェロールには血行を促進する作用がありますので、頭皮に酢酸DL-α-トコフェロールを補給することで、頭皮の血行が良くなる効果が期待できます。

頭皮の血行が良くなると髪の毛や頭皮に必要な栄養素がちゃんと頭皮に運ばれるようになりますので、その結果、効果的な育毛ケアができるというわけなのですね。

酢酸DL-α-トコフェロールの育毛効果② 抗酸化作用

酢酸DL-α-トコフェロールには抗酸化作用もあります。

抗酸化作用とは、細胞の老化の原因になる活性酸素の働きを抑える作用のこと。

頭皮が紫外線・ストレスなどの影響を受けると、頭皮に活性酸素が発生するそうです。

頭皮に発生した活性酸素は、頭皮の老化の原因に。

頭皮が老化すると、頭皮は健康な髪の毛を作る力が弱くなってしまいます。

ですので、育毛ケアでは頭皮の老化を防ぐために、抗酸化作用のある酢酸DL-α-トコフェロールを頭皮に補給することはとても大切ということが分かりました。

まとめ

女性育毛剤に配合されることがある酢酸DL-α-トコフェロールについて調べてきました。

酢酸DL-α-トコフェロールはビタミンE誘導体の一種で、血行促進作用と抗酸化作用がある成分であることが分かりましたね。

女性の育毛ケアでは頭皮環境を整えることが大事。

酢酸DL-α-トコフェロールには、血行促進作用と抗酸化作用で頭皮環境を整える効果がありますので、育毛ケアでは欠かせない成分ということが分かりました。