女性育毛剤の中には、パントテニルエチルエーテルという有効成分が配合されていることがあります。

有効成分パントテニルエチルエーテルとは、いったいどのような成分なのでしょうか?

そこで、パントテニルエチルエーテルの効果や特徴を調べてみました。

パントテニルエチルエーテルの効果とは

普段聞きなれない成分のパントテニルエチルエーテル。

パントテニルエチルエーテルを調べてみると、パントテニルエチルエーテルはパンテノールの一種であることが分かりました。

では、パンテノールとは何かというと、プロビタミンB5のことで、パンテノールが体内へ吸収されるとパントテン酸(ビタミンB5)に変化するのだそうです。

ですので、パントテニルエチルエーテルには、体内に入るとパントテン酸と同じ効果を発揮することが分かりました。

パントテン酸(ビタミンB5)の効果とは

ビタミンB5と呼ばれるパントテン酸には、抗炎症作用や細胞を活性化する作用があります。

パントテン酸の効果

  • 抗炎症作用
  • 細胞活性化作用

パントテン酸の効果① 抗酸化作用

育毛ケアにおいては頭皮が元気である必要があります。

しかし、紫外線などいろいろなストレスを頭皮が受けると、頭皮に活性酸素が発生して頭皮が老化してしまいます。

ですので、育毛ケアでは、頭皮の老化を防ぐために、頭皮に発生した活性酸素の影響を抑える必要があるのですね

パントテン酸の抗酸化作用とは、活性酸素の働きを抑える作用といえます。

以上のことから、パントテン酸には、頭皮の老化を防ぐ効果があることが分かりました。

パントテン酸の効果② 細胞活性化作用

パントテン酸には、細胞活性化作用もあります。

細胞活性化作用とは、細胞を元気にする作用のこと。

先ほどお話ししましたように、育毛ケアでは頭皮が元気であることがとても大切になります。

パントンテン酸には細胞活性化作用がありますので、頭皮を元気にするところから効果的な育毛ケアができることが分かりました。

まとめ

パントテニルエチルエーテルの効果や特徴を調べてきました。

パントテニルエチルエーテルは、体内に入るとパントテン酸(ビタミンB5)に変化するプロビタミンB5であることが分かりました。

ですので、パントテニルエチルエーテルには、パントテン酸と同じ効果があることが分かりました。

パントテン酸の効果

  • 抗炎症作用
  • 細胞活性化作用

以上のことから、パントテニルエチルエーテルにも、「抗酸化作用と細胞活性化作用で頭皮を元気に保つ効果」があることが分かりましたね

女性の育毛ケアでは頭皮の環境を整えることが大事と言われています。

抗酸化作用と細胞活性作用のある育毛剤を使いたいときには、パントテニルエチルエーテル配合の製品をお試しされてみてはいかがでしょうか?