女性育毛剤に配合されることがある有効成分にニコチン酸アミド。

ニコチン酸アミドとは、どのような効果がある成分なのでしょうか?

そこで、ニコチン酸アミドの効果や特徴を調べてみました。

ニコチン酸アミドとは

ニコチン酸アミドはどのような成分なのかを調べてみると、ニコチン酸アミドはナイアシン(ビタミンB3)の一種であることが分かりました。

では、ニコチン酸アミドにはどのような効果があるのでしょうか?

ニコチン酸アミドの効果

  • 血行促進作用
  • 肌荒れを整える作用

ニコチン酸アミドの効果① 血行促進作用

ニコチン酸アミドの特長の一つ目は、血行促進作用があること。

女性の育毛ケアでは、頭皮環境を整えて育毛サイクルを正常化させることが大事であるといわれています。

頭皮環境を整えるためには、頭皮に必要な栄養素や酸素がちゃんと頭皮に届くことが大事。

頭皮に必要な栄養素や酸素は血液によって運ばれますので、頭皮環境を整えるには、頭皮の血行を良くする必要があるのですね。

ニコチン酸アミドには血行促進作用がありました。

ですので、ニコチン酸アミドには、「頭皮の血行を良くして頭皮に必要な栄養素や酸素をしっかりと送り届ける効果」が期待できることが分かりました。

ニコチン酸アミドの効果② 肌荒れを整える作用

ニコチン酸アミドには、肌荒れを抑える作用もあるそうです。

先ほどお話ししましたように、女性の育毛ケアでは頭皮環境を整えることが大事。

頭皮があれていたら健康な育毛ケアはできませんので、効果的な育毛ケアを行うためには頭皮の荒れを整える必要があります。

ニコチン酸アミドには頭皮の荒れを整える作用がありました。

ですので、ニコチン酸アミドには、頭皮の荒れを整えるところから効果的な育毛ケアができることの分かりました。

ニコチン酸アミドはビタミンB群の働きをサポート

ニコチン酸アミドはナイアシンの一種。

ナイアシンにはビタミンB群をサポートする働きがありますので、ニコチン酸アミドにもビタミンB群をサポートする働きがあります

ビタミンB群はお肌のビタミンといわれるように「皮膚や粘膜の健康を維持する働き」があります。

ですので、ナイアシンを頭皮に補給することによって、より頭皮環境が良くなる効果も期待できるのですね。

まとめ

ニコチン酸アミドの特徴や効果について調べてきました。

ニコチン酸アミドはナイアシン(ビタミンB3)の一種ということで、「血行促進作用」と「肌荒れを整える作用」があることが分かりましたね。

以上のことから、頭皮が荒れやすい方にはニコチン酸アミド配合の育毛剤がおすすめではないかと思いました。