育毛剤に配合されることがある有効成分のピロクトンオラミン。

ピロクトンオラミンには、どのような育毛効果があるのでしょうか?

そこで、ピロクトンオラミンの特徴を調べてみました。

ピロクトンオラミンの特徴とは

ピロクトンオラミンは、殺菌作用があるピロクトンとエタノールアミンから作られる有機化合物のことだそうです。

難しいことはよく分かりませんが、ピロクトンオラミンに殺菌作用があるということですね。

では、育毛剤におけるピロクトンオラミンはどのような効果があるのでしょうか?

ピロクトンオラミンの育毛剤における効果

ピロクトンオラミンの育毛剤の有効成分としての効果を調べてみると、ピロクトンオラミンには抗炎症作用があることが分かりました。

ピロクトンオラミンの抗酸化作用

  • 皮脂の酸化を防ぐ作用
  • かゆみを防ぐ作用

ピロクトンオラミンの抗酸化作用① 皮脂の酸化を防ぐ

ピロクトンオラミンの抗酸化作用には、皮脂の酸化を防ぐ作用がありました。

皮脂は髪の毛が生えてくる毛穴から出てきますが、皮脂が毛穴で酸化すると、抜け毛の原因になるといわれています。

ですので、育毛ケアでは皮脂の酸化を防ぐことが大切です。

ピロクトンオラミンには、皮脂の酸化を防ぐ作用がありますので、皮脂の酸化による抜け毛予防に効果があることが分かりました。

ピロクトンオラミンの抗酸化作用② かゆみを防ぐ

ピロクトンオラミンの抗酸化作用には、かゆみを防ぐ作用があります

頭皮がかゆくなるとつい頭皮をかいてしまいますが、頭皮をかくと頭皮の負担になることがあります。

育毛ケアでは頭皮になるべく負担をかけないことが大切ですので、頭皮のかゆみをおさえることはとても大切なことなのですね。

ピロクトンオラミンにはかゆみを防ぐ作用がありますので、かゆみによる頭皮の負担を防ぐ効果があることが分かりました。

女性と育毛ケアの関係

女性の育毛ケアでは頭皮環境を整えることが大事と言われています。

頭皮環境を整えるとは、頭皮の血行を良くして頭皮に必要な栄養素をしっかりと届けることや、頭皮の荒れを整えることが大事と言えます。

また、先ほどお話ししましたように頭皮の皮脂の酸化を抑えることも大事であることが分かりました。

このように、色々な観点から頭皮環境をととのえることによって、効果的な育毛ケアが可能になるということです。

まとめ

有効成分ピクロトンオラミンの効果について調べてみました。

ピクロトンオラミンには、抗酸化作用とかゆみを抑える作用があることが分かりましたね。

女性の育毛ケアでは頭皮環境を整えることが大事ですので、ピクロトンオラミンには効果的な育毛ケアが期待できることが分かりました。